機種紹介

CR真・北斗無双219verは勝てる?スペック・ボーダー・止め打ち・解析から攻略法を考察

投稿日:

どうも、パチプロのうり坊です。

ミドルの北斗無双よりもマイルドなスペックで登場です。

ヘソ賞球が4玉で新基準に適応したスペックとなっています。

CR真・北斗無双219verをパチプロなりの視点で、

攻略法の考察をしていきますよ!

基本スペック

大当たり確率 1/219.9→1/95.8
確変突入率       ヘソ:50%
電チュー:100%
(実質継続率59.2%)
ラウンド/
カウント数
4R or 6R or 8R or 16R/10C
賞球数 ヘソ:4
アタッカー:15
電チュー:1
ポケット:右3 or 左4
電サポ 100回

左打ち攻略

ボーダーライン

持ち玉比70% 持ち玉比40% 持ち玉比0%
1R145玉
4.00円 17.6 17.6 17.6
3.63円 18.1 18.7 19.4
3.57円 18.2 18.9 19.7
3.33円 18.6 19.7 21.1
3.03円 19.3 21.0 23.2
2.50円 20.8 23.9 28.1
5%削り1R138玉
4.00円 18.5 18.5 18.5
3.63円 19.0 19.6 20.4
3.57円 19.1 19.8 20.7
3.33円 19.6 20.7 22.2
3.03円 20.3 22.0 24.4
2.50円 21.8 25.1 29.6

電サポ中の玉減りが抑えられるなら
1R145玉が参考になると思います。

スルーやアタッカー周りの釘が悪い場合は
5%削りが参考になると思います。

出玉が5%以上削れる場合は
さらにボーダーラインが高くなるので気をつけてください。

期待値ごとの必要回転率

時給2000円 時給1600円
4.00円 21.9 20.8
3.63円 22.4 21.2
3.57円 22.5 21.3
3.33円 23.0 21.7
3.03円 23.7 22.2
2.50円 25.6 23.5

(稼働条件:1R145玉、180回転/h)
安定してトータルで勝つには
最低でも時給1600円以上になる台を打ちましょう。

出玉や回転効率で必要回転率は変わってくるので、
稼働中の自分のデータを使って期待値を計算します。

後の解説でも必要な知識なので見ておくことをおすすめします
期待値の計算方法

右打ち攻略

ラウンド 電サポ 振り分け
ヘソ入賞
6R確変 100回 50%
6R通常 100回 50%
電チュー入賞
16R確変 100回 54%
8R確変 100回 7%
4R確変 100回 39%

通常時の引き戻し率は36.6%です。

STの継続率は65%で、実質継続率は59%となります。

平均連チャンが2.45連で、当たりの平均獲得玉は約3000玉です。

運良く16Rに偏ることもあるので一撃性がありますね!

トータル確率…1R=10.2

電サポで玉減りを抑えたとしても(1R平均145玉)
回転単収入は14.2玉となります。

1回転あたり14.2玉以内の投資に抑えなければ
期待値がマイナスになり負けやすくなります。

アタッカー性能

天井が捻り打ちに適していないのでオーバー入賞を狙うのは難しいです。

1Rで10カウントは消化に時間がかかるので、ほとんど打ちっぱなしで消化するのが良いです。

アタッカー打ち方

①…1R目のアタッカーが開く瞬間に玉がアタッカーの上に来るように打ち出す。
(”ボーナス”と”右打ち”ボイスの間のタイミング)

②…1R~3Rまで打ちっぱなし。
3R目で10玉入賞するように打ち出し停止。

③…ST当たりの場合
4R目がV入賞となる。

3Rのアタッカーが閉じたら1拍置いて打ち出し開始。
4R目で10玉入賞するように打ち出し停止。

※初当たりの場合は6Rの終わり後に
早い開放が8回入るので打ちっぱなしにする。
(多くて100玉くらい上乗せ出来るので重要)

③…通常当たりの場合
3Rと4Rの間に早い開放が1回が入る。

3R目が閉じて2拍くらい置いて1玉打ち出す。
1拍置いて4R目を打ち出し開始。

④…最後のRまで打ちっぱなし、
最後のRで10玉入賞するように打ち出し停止。

電サポ止め打ち

〇開放パターンは2種類
(M=ミドル、S=ショート)

左点灯…6回開放
M・・S・S・・S・・M・S
※リミット…5玉入ったら1回目に戻る

右点灯…5回開放
M・・S・S・・S・・M

両点灯…ハズレ

〇止め打ち手順
【6回開放】
①…1開放目が閉じる直前に1玉
②…2開放目が開く瞬間に1玉
③…3開放目が開いたら1玉
④…4開放目が閉じる直前に1玉
⑤…5開放目が開く瞬間に1玉
⑥…6開放目が開いたら1玉

【5回開放】
①…1開放目が閉じる直前に1玉
②…2開放目が開く瞬間に1玉
③…3開放目が開いたら1玉
④…4開放目が閉じる直前に1玉
⑤…5開放目が開いたら1玉

釘調整による電サポ打ち方

電サポですが釘によって打ち方を変える必要があります。

①ハネの拾いもフロックも悪い調整
…消化時間も出玉も悪くなりやすい

②ハネの拾いが悪くフロックが良い調整
…消化時間が悪くなりやすく出玉が良くなりやすい

③ハネの拾いが良くフロックが悪い調整
…消化時間が良くなりやすく出玉は変わりにくい

④ハネの拾いもフロックも良い調整
…消化時間は悪くなりやすく出玉が良くなりやすい

大まかな調整と結果を4パターン書いてみました。

電サポの止め打ちで重視すべき点は
消化時間は早く出玉を減らさないこと
だと思います。

北斗無双は通常回転が遅めなので当たりは早く消化すべきです。

出玉も大切ですが意図的に増やせる訳ではないので、
減らさない方向で考えると良いです。

回転率が低かったら出玉を取らないと
期待値が下がるので出玉重視でも良い場合はあります。

しかし、ヘソ保留を消化してしまうリスクがあるので
やり過ぎには注意です。

初当たり時以外でのヘソ保留消化は厳禁ですよ!

では、4パターンでそれぞれどんな打ち方が良いか書きます。

①ほぼ打ちっぱなしでリーチだけ止める
…消化時間は早くなるが出玉は諦める
(その分回転率をあげなければならない)

②ミドル開放を2玉で狙う
…消化時間が早くなり出玉が増えやすくなる

【6回開放】
①…1開放目が閉じる直前に1玉
②…2開放目が開く瞬間に1玉
③…3開放目が開いたら1玉
④…4開放目が開いたら2玉
⑤…5開放目が開く瞬間に1玉
⑥…6開放目が開いたら2玉

【5回開放】
①…1開放目が閉じる直前に1玉
②…2開放目が開く瞬間に1玉
③…3開放目が開いたら1玉
④…4開放目が開いたら2玉
⑤…5開放目が開いたら2玉

③普通の止め打ち手順
…消化時間も出玉も変わらない

④ミドル開放を2玉で狙う
……消化時間が早くなり出玉が増えやすくなる

このような感じになります。

ミドル開放は少しシビアですが2玉入賞出来ますので
消化時間が長くなりそうなら狙います。

以上が釘調整による打ち方です!

-機種紹介
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です