機種紹介

CRFドラム ゴルゴ13 ボーダー 止め打ち スペック 解析から攻略法を考察

投稿日:2018年9月6日 更新日:

CRFドラム ゴルゴ13のスペック ボーダーライン 期待値ごとの必要回転数 止め打ちをまとめています。

1種2種混合機でドラム型のゴルゴ13が登場です。

電チュー振り分けに突入出来れば76%もの高継続率となっています。

基本スペック

大当たり確率 1/159.8→1/10.3
確変突入率       ヘソ:100%
電チュー:100%(実質継続率62.5%)
ラウンド/カウント数 3R or 6R or 15R/9C
賞球数 ヘソ:4
アタッカー:14
電チュー:2
ポケット:3 or 6
電サポ 時短:1回 or 10回(+残り保留4回)
トータル確率 1R=9.0回

振り分け

ラウンド 電サポ 振り分け
ヘソ入賞
15R 5回 15%
6R 5回 60.8%
3R 5回 24.2%
電チュー入賞
15R 14回 15%
6R 14回 60.8%
3R 14回 24.2%

時短1回+4回の引き戻し率は40.0%

時短10回+4回の引き戻し率は76.0%

ヘソの継続率は40.0%
電チューの継続率は76.0%
トータルの継続率は62.5%となります。

ボーダーライン

持ち玉比70% 持ち玉比40% 持ち玉比0%
1R117玉
4.00円 19.2 19.2 19.2
3.63円 19.8 20.4 21.2
3.57円 19.9 20.6 21.5
3.33円 20.4 21.6 23.1
3.03円 21.1 22.9 25.4
2.50円 22.7 26.2 30.8
5%削り 1R111玉
4.00円 20.3 20.3 20.3
3.63円 20.9 21.5 22.3
3.57円 21.0 21.7 22.7
3.33円 21.5 22.7 24.3
3.03円 22.2 24.2 26.8
2.50円 23.9 27.6 32.4

電サポ中の玉減りが抑えられるなら
1R117玉が参考になると思います。

スルーやアタッカー周りの釘が悪い場合は
5%削りが参考になると思います。

出玉が5%以上削れる場合は
さらにボーダーラインが高くなるので気をつけてください。

期待値ごとの必要回転率

時給2000円 時給1600円
4.00円 24.5 23.2
3.63円 25.2 23.7
3.57円 25.3 23.8
3.33円 25.9 24.2
3.03円 26.8 24.9
2.50円 29.2 26.5

(稼働条件:1R117玉、180回転/h)
安定してトータルで勝つには
最低でも時給1600円以上になる台を打ちましょう。

出玉や回転効率で必要回転率は変わってくるので、
稼働中の自分のデータを使って期待値を計算します。

期待値で勝つために必要な知識なので見ておくことをおすすめします
期待値の計算方法

止め打ち

アタッカー性能

上アタッカーはほぼこぼさないので優秀です。

下アタッカーは幅が狭く玉が届きにくい場合があり、
こぼし玉が多くかなりキツめです。

右打ちで対処しようにも右側にアウトがあり
高確率で無駄玉が出るので不可能です。

寄りや風車や道の釘が良くないと
アタッカーで良い出玉を取るのは難しいです。

アタッカー打ち方

【こぼし玉が多い場合】
①…アタッカーが開いたら打ち出し開始

②…ラウンドが終わるまで打ちっぱなし

こぼし玉が多いと打ちっぱなしでも
パンクする可能性が高いです。

【こぼし玉が少ない場合】
①…アタッカーが開いたら打ち出し開始

②…6玉打ち出したら停止

③…アタッカーが閉じたら1拍おいて打ち出し再開

丁寧に止めすぎてパンクさせないように気をつけましょう。

電サポ打ち方

〇開放パターン1つ
スルーが通って3拍ほどしたら
電チューが黄色く光ってミドル開放します。

電チューは1玉拾ったら直ぐに閉じます。

①…スルーに1玉通す

②…3拍したら1玉

③…電チューが光終わる時に1玉

打ち始めは①と②の手順が必要です。
その後は③の繰り返しでOK!

スルーに玉が通り続けてる間は
止め打ちで玉を増やせます。

初当たり時は1回転目
連チャン時は10回転目で

電チューが開かなくなるのと
4つ保留を貯めておく必要があるので注意しましょう。

-機種紹介
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です