機種紹介

CRサイボーグ009VSデビルマンは勝てる?スペック・ボーダー・止め打ち・解析から攻略法を考察

投稿日:

どうも、パチプロのうり坊です。

演出が豊富で音響や3Dに力が入っている機種となっています。

009やデビルマンが好きな人にとってはとても面白いと思いますよ!

スペックに関しては悪くなく釘が悪くなければ、技術介入でかなり打ちやすい機種になります。

CRサイボーグ009VSデビルマンをパチプロなりの視点で、

攻略法の考察をしていきますよ!

基本スペック

大当たり確率 1/319.7→1/31.96
確変突入率       ヘソ:63%
電チュー:63%(実質継続率73.0%)
ラウンド/
カウント数
2R or 4R or 8R or 16R/8C
賞球数 ヘソ:4
アタッカー:15
電チュー:1
ポケット:左4 or 右3
電サポ 時短:100回

左打ち攻略

ボーダーライン

持ち玉比70% 持ち玉比40% 持ち玉比0%
1R112玉
4.00円 19.9 19.9 19.9
3.63円 20.5 21.1 21.9
3.57円 20.6 21.3 22.3
3.33円 21.1 22.3 23.9
3.03円 21.8 23.7 26.2
2.50円 23.4 27.0 31.8
5%削り 1R106玉
4.00円 21.0 21.0 21.0
3.63円 21.6 22.3 23.1
3.57円 21.7 22.5 23.5
3.33円 22.3 23.5 25.2
3.03円 23.0 25.0 27.7
2.50円 24.8 28.5 33.6

電サポ中の玉減りが抑えられるなら
1R112玉が参考になると思います。

スルーやアタッカー周りの釘が悪い場合は
5%削りが参考になると思います。

出玉が5%以上削れる場合は
さらにボーダーラインが高くなるので気をつけてください。

期待値ごとの必要回転率

時給2000円 時給1600円
4.00円 26.9 25.5
3.63円 27.7 26.1
3.57円 27.9 26.2
3.33円 28.6 26.6
3.03円 29.6 27.4
2.50円 32.5 29.3

(稼働条件:1R112玉、190回転/h)
安定してトータルで勝つには
最低でも時給1600円以上になる台を打ちましょう。

出玉や回転効率で必要回転率は変わってくるので、
稼働中の自分のデータを使って期待値を計算します。

後の解説でも必要な知識なので見ておくことをおすすめします
期待値の計算方法

右打ち攻略

ラウンド 電サポ 振り分け
ヘソ入賞
8R確変 次回 9%
4R確変 次回 45%
2R確変 次回 9%
8R通常 100回 37%
電チュー入賞
16R確変 次回 60%
4R確変 次回 3%
4R通常 100回 37%

初当たりの確変はほぼ4Rなので、突入後4R引いて終わりということがありそうですね。

突入後に63%を引き続けるか通常が当たっても引き戻すのを祈るしかないです( ̄▽ ̄;)

確変中は1/31.96の確率なのでハマりにくく当たりの時間が短くなります。

その分通常を回せるので、長時間稼働ができる時に打つのが良いですね。

トータル確率…1R=8.9

電サポで玉減りを抑えたとしても(1R平均112玉)
回転単収入は12.6玉となります。

1回転あたり12.6玉以内の投資に抑えなければ
期待値がマイナスになり負けやすくなります。

アタッカー性能

アタッカーが閉じるのが遅いのでオーバー入賞を狙うべきです。

また8カウントなので止め打ちしても消化が遅くなりにくいです。

捻り打ち手順

①…1R目のアタッカーが開く瞬間に玉がアタッカーの上に来るように打ち出す

②…2~3玉入ったら打ち出し停止
(7玉入るまで単発打ち)

③…8玉目を弱めに9玉、10玉目を強めに打ち出し停止

④…アタッカーが閉じたら1拍おいて打ち出し開始
最終ラウンドまで②~④を繰り返し

電サポ打ち方

〇開放パターン1つ

スルー保留1つにつきミドル3回開放。

〇止め打ち手順
①…1回目が開く瞬間に2玉

②…2回目が開く瞬間に2玉

③…3回目が開いたら2玉

スルーが通りにくければ打ち出し玉数を3玉にします。

通りにくさに応じて玉数を増やします。

電チュー賞球が1玉なので、1玉を大切にするように打ちましょう。

-機種紹介
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です